自費診療

自費治療について
日本における健康保険制度は全国どこでも平等に同じ価格、同じ手順、同じ回数、同じ機材、材料で等しい医療が受けられる素晴らしい制度です。

しかし健康保険の根本は1960年代からほとんど変化がなく、予防、保存、歯を大切にする考えよりも、削って、抜いて、入れ歯やブリッジという考え方が一般的となっています。その間に新しい材料や技術、考え方はどんどんと進化していきました。世界の歯科の発展はとても早く進んでいます。

したがってより美しく、機能的で長持ちする、患者さんのニーズにあった最新の治療を提供するためには、保険診療ではカバーしきれない部分がどうしても生じてしまうのです。

自費診療のメリット
一人ひとりにあったオーダーメイド医療が提供できる
良い材料を自由に選択できる
治療法、回数の制限がない
治療時間の制約がない

セラミック治療
現在のセラミックは耐久性、適合性がよく、アレルギーの心配もありません。歯との接着性も高く、長期的に機能することが可能です。何より一番お伝えしたいのは、プラークがつきません。そして清潔です。
フルジルコニアクラウン \50,000(税別)
ジルコニアセラミックスクラウン\100,000 (税別)
e.maxクラウン  \80,000 (税別)
セラミックインレー  \30,000 (税別)
ハイブリッドインレー  \20,000 (税別)

ホワイトニング
ホームホワイトニング \30,000 (税別)

虫歯治療
他院で“神経を取らないとだめ”と言われたものの神経は取りたくない、という方向けに「MTAセメント」という神経保護効果の高い材料を用いて、マイクロスコープ下で丁寧に、徹底的に虫歯を除去して神経を保存する治療です。神経を守りながら丁寧に虫歯を除去するだけでも1時間以上かかることもございます。事前の予約が必要です。神経保存の可否は数週間から3ヶ月程かかります。 \30,000円(税別)

入れ歯
金属床
厚みのない、金属を用いた入れ歯は保険のプラスチックの入れ歯に比べ、格段に快適さが違います。
\20,000~250,000 (税別/金属の種類による)

スマートデンチャー、バルプラスト
金属のバネが見えない、審美的な義歯です。
\10,000~\150,000 (税別)

BPSデンチャー
リヒテンシュタイン公国発の入れ歯製作システムです。超精密な世界基準の入れ歯製作法で世界中に普及しています。欧米発の製作法のため工程が多く、複数回来院していただきます。
\200,000 (税別)